あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

へぇへぇぼんぼんなまいにちのこと

どっぷり久作、ふんわり百合子

今週のお題「読書の秋」

 

子を産んで以来、すっかり本など読めなくなってしまった。

とはいえ、今はそういう時なだけで、

長い人生、またそのうち毎日本ばかり読んで困るなぁという時も訪れるだろうから、今は読めなくても困らない。

 

読めないけども、さんぽする時間はたくさんあるので子を連れて図書館を訪れては

毎回本を借りている。読めないけども、手元に読みたい本が一冊もないのもさみしいなと思って子の絵本と一緒に毎度数冊借りている。

ただし、内容が平和なもの、頭を使わずさらっと流し読みできるものに限ります。

 

 

以前はエログロナンセンス

大正末期から昭和初期の怪奇幻想物語。

夢野久作江戸川乱歩、も少し時は進んで阿部公房。

怪奇でなくても大正から昭和という時代が好きなのかもしれなくて

夏目漱石も、内田百閒も、よく読んでいた。

 

自分自身のためだけに気にせず時間をたっぷり使えるとして一冊選ぶとすれば、ドグラマグラ

秋の夜長、読書灯一つつけて

ウイスキーをちびちび舐めながらじっくりと読みふけりたいものです。

そうしてどっぷりと夢野久作の世界へと落ちていきたいものです。

 

....ブウウーーーーーンンンーーーーーーンンン........。

 

 

子がいるとなかなかこんな世界感へおちていくことは難しいし、

落ちていったらダメなような気もするのでもうしばらくはやめておきます。

 

子がいる今、時間をうまく使えて読書タイムをとれるようになったら読みたい本は

武田百合子のことばの食卓

 

ずっと読みたくて買ったはいいが最後まで読み終えられていないので

秋の夜長、甘いミルクティーでも淹れてゆっくりと読みたいな。

最近は子も夜まとめて寝るようになったんだから、静かに読書の夜を過ごすのもいいかもしれない。

 

百合子さんにならって、わたしも夫のことは「とうちゃん」と呼んでいる。富士日記もまた読み返したい。

 

f:id:nemunk:20171004230347j:image

 

 

 

 

シリーズ過去を振り返る④ 布おむつを使い始めて一年、最近のおまる話

不定期開催、シリーズ過去を振り返る第四弾

育児日記のつもりで書いてるわけでもないのだけど

毎日何に一番頭を使っているかといえば育児なわけで

自然と育児ネタばかりここに記すことになってしまっている

でもそれでもいいの

こうして振り返ると小さな成長が見えたり

忘れかけていた何かを思い出したりもできるし

まだ見ぬ第二子ができたときの参考にもなったりするかもしれないし

 

というわけで。

去年の今頃はどんなことを書いていたかというと

 

nemunk.hateblo.jp

 

排泄の話を素直にそのままします。

ご注意ください。

 

布おむつを使い始めて一年ちょっと

2500グラムのちっぽけだったぼうやも一歳を過ぎました

最近はようやく一人でよたよた歩き始めてしまって

猛烈にかわいいハイハイも、もうじき終わってしまうのかと思うと

さみしい気持ちでいっぱいです

 

そんな現在の布おむつの状況は

一日の使用枚数は3,4枚

うんちは目覚めの一発

(夜中つけてる紙おむつにそのまましてくれる)

夕食後の一発の主に二回

おしっこは午前中を中心に出続け

午後から夕方は落ち着いてくる

 

けっこう排せつリズムは把握しているものの

ハイハイし始めた10か月以降未だにおまるは使えていない

 

nemunk.hateblo.jp

 

一歳過ぎて、ちょっと真面目におまる復活させたいなと思いつつも

どうもうまくいかない

排せつするためのおまるが、ぼうやにとってはおもちゃになってしまう

 

手っつこんで、覗き込んで、転がす

のせてみてもお尻を浮かせておまるに触ろうと動きまくる

 

じゃぁいいや~

出ると思うんだけどなと思いつつも諦めると部屋のすみでおしっこしてる

 

んぬう、おしい、、、悔しい、、、

苦虫をかみ続けている 

 

そして最近、家にいるときは下半身丸出しの状態で過ごしてみている

排せつのタイミングでも研究してやろうかと思ってみているけど

おしっこは突然噴き出すのねぇ 

出した本人も驚きの表情

なんか出たぞ!!

床に広がった尿を手でぱしゃぱしゃするので慌てて止める

 

一度おまたをぱんぱん叩いている時があって、もしかして出るの?なんて見てたら

本当にシャーっと出たことがあった

今後もぜひそうしてください!と伝えたけれどもそれっきりぱんぱんはしない

 

青天の霹靂

じょわーと漏れ出している

 

そして昨日は9:30から10:30くらいの間に三度のおしっこと初めてうんちもされた

 

ベランダで洗濯を干していると、窓のサッシにしがみつきぴょこぴょこしている

すると、何やら聞いたことのないミリミリミリっという音

なんだろう?と辺りを見渡すと…あ!!

お尻からうんちがミリミリミリっと出てきていた

 

慌てて近くに置いていたおまるを取ってお尻の下に置いたものの前半部分は床に落下

後半部分は見事キャッチしました

 

わかったことは2つ

➀うんちは固形なのでおしっこよりも後始末がラクだったということ

トイレットペーパーでそっとつかんで重曹スプレーでシュッとしてふけばすぐ終わる

おしっこはしぼってふいて、しぼってなのでちょっと大変なんだよね

 

➁おむつって便利だなぁということ

改めて思いしらされました

 

めげずにおまるがんばるぞー

 

Babies

 

一歳二か月、寒くなる前に夜間卒乳できました 

夜間断乳を決行して10日ほど経ちました

その後いかがなものかと申しますと

見事!すっかり眠る子になりました

 

 

nemunk.hateblo.jp

 

 

オンギャーとこの世に誕生したその日から

平均連続睡眠2時間のショートスリーパ―として腕を磨き続けてきたぼうやも

とうとうまとめて眠る子になってくれました

 

わたくしも、慢性的な睡眠不足から解放されて

この先は膝の痛みや増えた白髪も少しは癒えるでしょうか、、、

 

 

にしても、こんなにも変わるものかと思うほど日々の生活は楽になった

こんなにも変わるものならもっと早く試してみても良かったのでは?

とも思ったりするが、そういうものでもないのでしょう

恐らく、母子ともに断乳を決めるタイミングがぴったりだったのではないかな?

 

「もう、やめようや、、、」

 

この言葉をどちらが言い出すか

お互い探りあっているかのような毎日だったのかもしれない

もうお乳を吸ったって眠れないことくらいぼうやだって気づいていたはずだ

実はお乳よりもおせんべいの方がおいしいってことも知っていたはずだ

 

でも母ちゃんがお乳勧めてくるし、断るのも悪いし

そもそも今までお乳でしかストレス解消する術を知らないからさ

おいらどうすることもできないよ

与えられたら吸い付くしかできないよ

だなんて泣きながら思っていたかもしれない

 

年長者として私の方から「やめよう」と言ってやったという訳だ

 

 

まさか!お乳をのまないという方法があったとは!!

母ちゃんすげーと思っているかもしれない

 

すごいでしょう

大人はすごいのよ

 

そんなわけで、一度も起きずに寝続けるようになったわけではないけれど

起きてもトントンもしくはぎゅうっと抱きしめてやれば

すぐ寝てくれるようになりました

かわいいでしょう?

 

夜間の添い乳というやつはやっかいなもんで

母は体を子の口の位置に合うように伸びて不自然な体勢で授乳することになる

この時あたりまえだが体は布団からはみ出ている

胸元や腹ははだけている

そのまま寝落ちしてしまうと体の痛みと冷えで目が覚める

 

夫がグースカ眠るその横で母として、がんばっているのですよ

あほみたいな顔で寝やがってとかもう感じる余裕もない

どうか、早く寝ておくれという一心でぼうやの横で伸びている私

 

寒くなる前にどうにかしたいなと漠然と考えていたけれど

よかったよ、解決できて

 

夜間は断乳したけれど、昼間はまだ授乳している

朝だいたい6時から7時くらいに目覚めの一吸い

が、だいたいこの後二度寝してしまう

夕方五時ころの不機嫌に一吸い

一歳二か月の今はこの二回になりました

 

Baby

 

 

nemunk.hateblo.jp

nemunk.hateblo.jp

 悩んだ日々も。

夜間断乳決行!全三夜

こんだけ漢字が並ぶとなんだか新聞の見出しみたい

断乳って堅苦しい言葉ね

まさか赤ちゃんのお乳のこととはイメージ繋がらないわ

 

いざ断乳!夜間決行なり!!

第三夜!

 

ネットで夜間断乳なんかを調べたら

1ヶ月くらい前から日を決めて子に話しておきましょうと書いてあったりもしたけれど 

そんなことせず決行してしまいました

タイミングは今だと直感的に思ったの

 

 

その涙には負けない

心を強くもって己の決意を貫くんだ

あなたがどんなに求めても私与えません

ともに戦いましょう

 

 

そんな心構えで挑む初夜

 

ぼうやが寝てるうちにさっさと一緒に寝ればいいのに、変に興奮して眠れない

そろそろ起きるんじゃないかしら?

起きたらどれほど泣き続けるのかしら?

わたし耐えられるかしら?

考えれば考えるほど目が冴えて

布団の中で目をギンギンしている

 

…ふげふんげふげふげ

はぁ!泣き始めた!

とうとう始まるのね!!

 

様子をうかがう

 

強くなってゆく泣き声

あぁもう止まらない

いよいよ始まったのだ、一回戦

 

トントンしてみる

とにかくトントンしてみる

手を払いなかられるけれどトントンしてみる

きかない

きかないけど仕方ないからトントンしてみる

ごろごろ

 

ふと湧いてくる感情

お乳のみたいよね、ごめんね、つらいね…

もうこんなことやめてあげちゃおうかしら

 

そう思ってしまうとダメだ

 

大丈夫!

君はもう一人で眠れるんだから自信持って!

ねーほらほらーねーんねん

そんなことを呪文のように唱えつつトントンする

布団を抜け出しハイハイしたら捕獲してまた寝かしてトントンする

これを30分続けてみた

泣きやまない

抱っこ紐で抱っこするとすっと落ち着いた

水分補給するとすとんと寝た

 

これを一晩に3回ほどすると朝がきた

それ以外にも頻繁にうえーん、ぐすっぐすっとまるでうなされているかのように

まるで文句を言っているかのように泣き声をあげていた

 

部屋の中も明るくなったから起き上がってお乳をあげたらまた寝てしまった

 

あぁ心が疲れた…

 

 

夜が近づく

また今夜も繰り返すのかと思うと少し憂鬱だが仕方ない

始めてしまったんだからやるしかない

 

第二夜

昨日は3回立ち上がってるあやしたが果たして⁉︎

1回目はなんと、トントンだけで寝た!

あんれまー驚き!

2回目はトントンだけじゃダメで立ち上がってあやした

それ以外にも小さく泣いたが昨夜より落ち着いていた

これはいける!!

 

そして第三夜

いけるという強い確信がうまれもはや憂鬱などない

起きるけど、トントンで寝てくれた

一度も立ってあやすことなく寝てくれた!

 

そして4日目にはなんと朝まで寝てくれた!

成功したと言っていいのではないか

 

産まれてこのかた、何が悩みって本当に眠りの浅いことがつらくてつらくて

朝まで寝る日なんて来ないんじゃないかと思っていたけど、来ましたよ、うちにも

 

初日の泣きっぷりを思うと断乳するのなんてかわいそうだなんて思ってしまいそうだけど

克服できてしまえばやってよかったと心から思う

だって朝まで眠れるようになったんだから!

結局はまだ夜中も起きてるけどすぐ寝てくれる

 

これで私の体力も回復して白髪も少しは減るかな

 

 

 

卒乳を迷う、わたし

んまいっか!

と言いつつも眠らぬ息子に頭を悩ませる日々

 

 

nemunk.hateblo.jp

 

 

眠るんだけどすぐ起きる

にゃあにゃあ泣く

 

今までどおりお乳に頼りつつ夜を過ごそうと思いつつもやはりどこかで迷いがある

このままでいいのだろうかと

 

夫はいまだにお乳が万能だと思っているところがあり、まだやめなくてもいいんじゃないかと言う

小児科の先生も、保育士さんもこのままでいいのでは?と言う

 

しかし私自身はこのままでいいのかどうか迷いが消えない

 

夜寝なくても昼寝をしてくれるなら母も昼寝の間に眠ればよいと言われた

が、私は昼寝が苦手だ

昼寝をしてしまうと逆に体がだるくなってしまう

もちろん無意識に寝落ちしてしまうほど眠い時は眠りたいがそんな時はだいたい子どもは元気いっぱい

眠りをふきとばして私もがんばる

私の眠気が吹き飛んだ頃子どもは眠りに落ちる

 

むう…むずかしい

 

そんなことをずっと考えていたらなんとまあ

乳腺炎になってしまいました

 

わたし、あんまり深く悩み始めると心も弱くなってそのまま体の免疫が落ちるのか体調を崩してしまう傾向があるみたいで

 

乳腺炎になって発熱しちゃいました

 

幸いちょうど実家に帰る予定だったからゆっくりと休ませてもらって熱はすぐに下がりました

 

乳腺炎て最初の一カ月のころに少しなりかけただけでしたが、まさかの今!

 

そしてまた思う

 

やはりもう卒業してもいいんじゃないかと

私自身がお乳をあげることがつらくなってきた

あげてすぐ眠るわけでもないのならもうあげなくてもいいんじゃないか?

 

実家に帰っている今、がんばってみようかな

そんな私の決意をぼうやに伝えてみたところ

じゃぁ今吸わせてくれと言わんばかりにシャツをめくろうとする

えろぼうず

 

 

 

 

 

 

 

卒乳できぬのは、わたし

ここ数日、悩んでいたこと

それはそろそろ卒乳を考えた方がいいのかと

思ったんです

 

キッカケは、児童館で会った2歳の子を連れたお母さんと話していた時に、そろそろですか?

と聞かれたこと

 

離乳食進んでいるならそろそろですか?

早い子は3日、長くても5日頑張れば卒乳できますよーってな話を聞きまして。

その時はふーんなーるほどなーくらいにしか思ってなかったけれど、よくよく考えたらした方がいいのかな?と思ってしまったのだ。

 

結局、ずっと母乳できてしまった。

1歳1ヶ月の現在、三食+おやつを食べてくれるので日中のお乳は朝食後9時頃とおやつ後夕方17時くらいの二回。

 

しかし夜中は2.3時間おきに目覚めてしまう。

23時2時5時

 

ごろごろころがって布団からはみ出て起き上がって部屋の中を泣きながらハイハイする。

抱っこしても逃げ出そうとするし、ストローも哺乳瓶も手で払いのけて吸ってくれないしで結局お乳に頼ってきた。

この最高の相棒のお乳を卒業しないといけないのか…

大丈夫か?わたし。

心細い。

 

試しにお乳にすぐに頼らず抱っこで寝かしつけてみたが、はぁーつらい!

こんなこと一晩中×3日以上やるのか。

心を鬼にできるのか?

そんなに、がんばるの、いやだな。

あんにゅいじゃなきゃ、いや。

 

そんな風に悩んでおりました。

 

予防接種で小児科に行った際、先生に相談してみました。

夜中の授乳はもうやめた方がいいのかと。

 

寝ないんでしょう?

ええ。

じゃ、しょうがないじゃないかしら。

4歳まで吸うお子さんもいるし、人それぞれですからね。

 

穏やかなマダムはそうおっしゃって、なんだかそれで私ももう少しこのままでいいやーと思いました。

白黒つけず、灰色なかんじで。

うまくフェードアウトしていけないもんかなと今は思って、今夜もとりあえずお乳に頼って夜を越します。

 

休日の昼下がり、あんにゅいなさんぽ

住宅街をひたすら歩いて

素敵なお庭を拝見したり

小さな公園のブランコに乗ってみたり

名前の難しい表札の読み方を考えたり…

 

 

 

この週末、ぼくらの住む街はお祭りで盛り上がっていた

駅の反対側にある神社を中心に

いろいろな集落で神輿があがる

商店街をわっしょいわっしょい

子どものみこし

大人のみこしが行ったりきたり

盛り上がっていた

 

神輿を見学して

神社の的屋を見学して

住宅街のさんぽ

 

前述の地味なさんぽへと繰り出す

 

目的地を隣の駅と定める

 

素敵なお庭を見つけてもあんまりじろじろ見れないし

小さな公園はだいたい蚊が多いから長居できないし

名前の難しい表札のお宅の前では大きな声では話せない

 

あつい

風は爽やかだけど日差しは強く歩けば汗ばむ

持ってきた水筒のお茶がぬるくて夫が怒る

ジュースを買うと言うからもったいないと言ったら、じゃお茶を全部よこせとまた怒る

 

しばらく歩くと大きな公園

 

100円の自販機がありますよ

と言ったらなんだおまえ、さっき買うなと言ったくせに今度は買えというのかとまた怒る

私は買うなとも買えとも言ってないのに…

 

何がいいか?と尋ねるから

赤りんごサイダー

と答えたら他はどうだ?と尋ねる

なんでもいい

と答えたら決めてくれと言うので

赤りんごサイダー

と答えたらカルピスはどうだ?と尋ねる

 

結果、赤りんごサイダー

一口のんで、なんだうまいじゃないかと喜んでいる

 

水がちょろちょろ流れる人口川ではキッズたちが楽しそうに遊んでいる

来年の今頃はぼうやもここに加われるかなぁと思って、参考にしようかと先輩方を見学

 

その隣のグラウンドでは小学生のサッカークラブが練習をしている

見学したいと夫が言うのでぼんやり眺める

あんにゅいだねぇ…と夫

 

あれ?私のブログの題名ばれてる?!

内心ドキッとしたけれど、そうではなかったようでぼんやり少年たちを見続けている

ほっとして、あぁ今日のこと書こうと決めたのだった

 

 

こんな何にも盛り上がらないさんぽを私たちはずっと続けてきて。そしてこの先もやっていくと思うけども、こんなさんぽに付き合わされる1歳児はどう感じているのかしら?

楽しい?

 

しかめっつらでベビーカー

たのしくないねぇ

 

 

 

おまかせマキロンとムヒ ヤケドノソノゴ

先日、一歳のぼうやにヤケドを負わせてしまったその後の話。

 

 

nemunk.hateblo.jp

 

 

 

結局当日は受診せずに夜をこし、翌日病院へ行こうと朝支度をした。

昨夜電話で相談した時には皮膚科がいいと言われたけれど、今日も皮膚科に行くべきか?

それとも赤ちゃんはやはり小児科か?

 

悩んで

皮膚科に電話してみました。

現在の状況を伝え、診てもらえるか伺う。

先生に聞くからしばしお待ちを、と。

返ってきた答えは、昨夜眼科の先生に診てもらったなら今日もその病院へ行った方がいいんじゃないか?と。

へ?

でも、深夜で時間外だったから紹介されただけの遠いところの眼科の先生に行った方がいいんですか?近いんですけど、そちらじゃダメですか?

行った方がいいと思います、と。

 

そんなもんなんですかね。

 

遠くまで行くのは大変なので、健診でお世話になった小児科に電話して聞いてみた。

 

虫刺されでもいいから軟膏を塗ってあげたらいいです。水ぶくれが破れたら消毒して雑菌が入らないようにしてあげて。

 

結局病院へは行かずに終わりました。

 

右手のひらの中指に3つ、薬指に1つ水ぶくれができている。

手足口病の始まりのサインをあせもと勘違いして買った赤子用ムヒをぬり、ガーゼを巻いてやるがすぐはがす。

気にせずハイハイしまくっているので大丈夫かな?とそのままにしてたらやっぱり水ぶくれが破裂、皮がむけて痛そう…

 

マキロンで消毒してムヒ塗って、絆創膏を小さく切って巻いてやった。

絆創膏、すぐにはがしてしまい何度も何度もはりました。

はらないと痛いと思うし、ばい菌も入りそうだし。

おててが小さいから大変!

 

それから2日くらいで皮がかたくなって、今はもうすっかりきれいに治りました。

 

 

実は先ほどもまた傷を作りました。

洗濯物をベランダに干していたら、その周りをヘラヘラ歩きまわって窓のサッシを滑ってベランダにコツン。

おでこに赤く小さな擦り傷が,,,

 

またマキロンぴゅっ。

今は寝ています。

 

はぁ…鍛えられるわぁ。

大人になって傷なんて靴擦れくらいしか作らなかったから、

ぼうやの傷、なんだか新鮮。

これからもたくさん作るんだろうなぁ。

救護セット用意しといた方がいいかな。

私も簡単な処置できるようになっておかないとな!

 

 f:id:nemunk:20170908153610j:image

左のはいい香りのする虫刺され薬にもなっちゃう虫よけ。

 

近所の方に聞いた話だと、火傷には菜っ葉がいいらしい。

火傷しちゃったらすぐ小松菜とか患部に当てるとよく効くんですって。

 

ヤケドさせちまった話

ぼうやの最近のマイブームはつたい歩き

壁や棚やテーブルやテレビ台、ソファ

私の肩や足や

なんでもかんでもつかまって歩く

 

手の届く範囲のものならなんでも触ろうとする

でも利口なもんで

それはダメ!と一度言ったものは遠慮がちにそーっと触る

触るよーとでも言ってるような目でこちらの顔を伺いながらやる

おかげで、ダメだってーと止めに入れるので今のところ大きなイタズラはない

 

がしかし、余裕をかましてやってしまった!

 

かわいいぼうやのおててに火傷を負わせてしまったのである

 

晩ごはんの支度時

その日は実家から国産牛をいただいたのでステーキにした

きれいに焼けて、さぁ食べましょう

わたしは冷凍庫で急速冷却していたビールの加減を確かめ

夫は魚焼きグリルから前日の夜の残りのお好み焼きを温めなおしてとりだしていた

ふたりともステーキにるんるんだった

ビールも冷えてるし、食事もすべてそろったと思った途端

あっ!!!

 

うぎゃーん!!

 

びろーんと出たまんまになっていた魚焼きグリルのへりにぼうやが手をかけてしまった

すぐに手を離してちょうど持っていた缶ビールで冷やす

 

手を見ると何もなってはいないからもしかして私の声に驚いちゃっただけかな?と思いながらもとにかく冷やしてやる

ずっと泣いている

 まるで泣き止まない

 

ひりひりするのかな

痛いよね、ごめんね

 

さて、このまま冷やすだけで大丈夫なのだろうか

とはいえこの時間もう病院はやっていない

心配だから区の救急案内に電話してみることにした

 

しかし、まるで繋がらない

何度かけても繋がらない

大変混み合っておりますのアナウンスが続くばかりでまるでダメ

その間も泣き続けるぼうや

同時進行でネットで火傷について調べる

 

するとあんまり冷やしすぎてしまうと体温調節が未熟な赤ちゃんは患部だけでなく体全体冷えてしまうと…確かに、手のひらを冷やしているのに肩も冷たい

タオルでくるむ

 

区がダメなら都だな

電話してみるがこちらは自動ガイダンスの質問がやたらと長い

ようやく病院を案内してくれたと思ったら羽田空港とか言い出したので

行けるわきゃないだろーっ!!と電話を切った

 

もう一度区に電話してやっと繋がって状況を説明し、診察が必要かと聞いたら

手のひらは神経がたくさんあって大切なところだからすぐ受信した方がいいと言われ、近隣の病院を2つ案内してもらった

 

1つ目の病院

たった今救急車が入ってきてしまったのでこれ以上は見れないと断られる

2つ目の病院

この時間眼科の先生しかいないと言われる

 

悩んだけれど眼科の先生にみてもらおうかと相談したところ、先生が直接電話に出てくれた

 

ちなみにここまでたどり着くまでにもう2時間近く経っていてぼうやは疲れて眠っていた

 

そのこともふまえて話したら、

せっかく寝ているのだったら起こしてここまでくるのは大変だから虫刺されの軟膏を塗って様子をみて大丈夫だと思いますと

もし急変してしまったり不安だったら朝までいるからいつでもどうぞと優しく言ってくださってこちらも安心できました

 

たぶん行かなくても大丈夫だろうなとは思っているけど、やっぱり不安

もっと簡単に急な病気や怪我のことを相談できるところがあればいいのになぁと思いました

というか、なんでこれほど繋がらないのか!

 

今回は大したことないから良かったけれどそうじゃなかったらどうなるのか

救急車呼べばいいのか?

こんな大都会東京でこんなにも病院が見つからないとはどうなっているのだろうか

 

後日、夫がこのことをじいちゃんに話したところ、火傷は親の責任とぴしゃりと言われてしまいました

まさしくその通り

深く反省しております…

 

 

 

 

 

 

 

代々木のさんぽとオセロ

今日は本当にいい天気で気持ちよかった

まさしく散歩日和

家にこもっていたらもったいない

昼過ぎにノープランで出かけました

 

日差しは強く空は青く

湿度は低くて吹く風は爽やか

いいねぇ

 

駅まで来て

はて、どこへいこう?

公園でのんびりもいいし

どこまでも歩いてみてもいい

とにかく外にいたいね

 

じゃ釣り堀のある公園まで歩いていく?

 

うーん

せっかくだから区をでたい

 

しばし悩んで閃いたのが

かぞくのアトリエにいってみよう!

 

先日こんなことを書いたら

 

nemunk.hateblo.jp

 

 

さっそくいい案を教えて頂きまして

調べたらすぐにでも行きたくなったから

ちょうどいいや、これから行ってみよう!!

もし混んでたら明治神宮行ってもいいしね

 

 

電車に乗って代々木でおりる

 

まぶしい

 

お腹がすいた

昼ごはんどうしよう?

 

てくてくてくてく

 

なーんかいいお店ないかしら?

歩きながらキョロキョロしていると

右の小道を入ったところにカンボジア料理の看板を発見

since1982

それだけでおいしそう

 

わたしはカレー定食

夫は麺と炒飯のセット

どちらもおいしかった

とくにフォーのようなスープがんまい!

1歳のぼうやには持参した玄米トーストをやった

 

腹ごしらえを済ませまた歩く

 

大きなスーパーもあるからまた次来るときにはここでお弁当も買えそうだ

 

アイホンの画面を見つつ商店街から住宅街を抜けてゆく

南新宿駅のガード下までくると何やら人だかり

もしかして、ポケモンいるのかな?

 

そんな人だかりを抜けて歩く

もうすぐのはずだけどでてこない

もう一度画面を確認すると、曲がる路地を行きすぎている

またもポケモンコーナーの方へ戻る

道を間違えたことを皆に気づかれないようにさっと曲がって無事に到着

 

なんて可愛らしいんでしょうか

ルンルンして中に入り受付をしようとしたら

あれ!!

寝てる!

肝心のぼうやがスヤスヤ夢の中

どうしよう

 

迷ったけれどとりあえず受付して

館内の説明をしてもらって

一階の部屋へと入って茶でも頂きながら起きるの待った

 

トイレに行って館内の見学をしてきて

魅力的な本を手にとってみてもまだ起きない

頰を撫でてみたり

めくれたTシャツをひっぱってみても

まるで起きない

 

オセロでもしようか

 

夫婦でオセロを始める

夫は強い

だから本当はやりたくない

最終的にどんどん私のコマがひっくり返されてゆくのでしょうねと諦めの気持ちでゲームを進める

どうせこんなとこ白くしたって後で黒にされんのよ

ここだってそうよ

はぁ、つらいなぁ

 

しかしながら

なぜか私が勝ったのだ

それも全てのコマを埋め尽くす前に私が全てを白くしてしまった

いったい何が起こったのでしょうか

 

呆然としていたら、まるで自分が勝ったかのように夫がオセロの勝ち方を解説し始めた

いやいや、あなた敗者のくせに何を偉そうに解説してるのよ

そうつっこんでみてもまるでぼうやは起きなかったのでもうダメだな、帰ろうと

 

結局ぼうやは目覚めることもなく残念ながらアトリエを後にしました

 

遊ばせたかったなぁ

青い空を突き刺すようにそびえるドコモのタワーにむかってつぶやいた