あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

へぇへぇぼんぼんなまいにちのこと

空を見る、まだ降るの?

実家へ帰ってきたら晴れていた。

青空が出ている。

何日ぶりかしら?

暑いけど、やっぱり太陽さんさんてうれしい。

 

ひぐらしなき西陽差し込む夕暮れが実家のある街にはあったんだけど、同じ時刻東京は大雨。

どうしちまった東京?

そんなに雨ばっかりでどうしたの?

多摩川の花火も中止で、場所取りしていた方達はどんでもなくびしょ濡れだ。

 

夜になったら実家の街も大雨が降ってきて

そのおかげで少し気温が下がった。

 

実家は海辺の街にある。

 

一人暮らしをして家を離れてから始めて気づいたことだけど、光が違う。

夏の光が強烈だ。

夏だけでなく冬も強烈。

冬はぽかぽか。

 

夏、明るい。キラキラしている。

晴れが、晴れ!!と主張してくる。

 

夏の東京の晴れはぼんやりしている。

空の青さが足りない気がするし、キラキラもしていない。

 

海辺の街のキラキラは太陽の光が海面に反射して

より一層のキラキラになるんじゃないかしら?

東京内陸にある我が家にはそれがないのね。

夏にキラキラしない空は、少しさみしい。

 

 

来週は高円寺で阿波踊り祭りがある。

夏の最後のお楽しみ。

ヤットサーと一緒に声かけ、阿波踊りビーツを体でうけとめたい。

キラキラの夏空とまではいかなくても

夏のお祭りを中止にしてしまうような天気は

もうやめにしてくれないだろうか

 

 

過ぎないで夏、おいでよ太陽

テレビをつければ雨連続○日だなんて騒いで

いやぁーねーと思って見るのよしたが記録は止まったのだろうか。

雨は降ってない。

が、晴れてもない。

どんよりむっしむしの曇りが続く東京。

 

いかがお過ごしですか。

 

私はどんよりです。

一日中眠い、だるいのごーろごろ。

 

太陽の光を浴びないとどうも元気が出ない体質のようでして、心も体も重いです。

 

干しても乾かぬ洗濯物。

汗かきぼうやがためる洗濯物。

 

あぁ掃除をしてもすっきりしない。

そんな小さなことがストレスになってしまいそうな毎日。

 

おーい、太陽よ。

 

青い空がみたい。

 

 

晴れは待ち遠しいけど、暑くないのは助かっている。

エアコン要らず。

もしこのまま暑くならず秋になってもさほど悲しくもないなと思う。

以前はそんなことはなく、きっと強く嘆いたと思う。

でも今は違う。

 

もう1つ変わったことといえば、海への興味もうすれてしまった。

以前は一度は海行かないと!と予定を立てていたけど今は、海ベタベタするし面倒だよねえー

行かなくてもいいねーだなんて言っている。

 

 

しかし、来年あたりはぼうやに海行きたいと言われるのだろうか。

 

 

夏も海も興味がないみたいなことを言ってしまった私ですが、この週末は浜辺でおこなわれるライブに行ってきます。

波の音と音楽を楽しんできます。

 

 

それでは、おやすみなさい。

今夜もエアコンなしで眠れそうです。

 

f:id:nemunk:20170818233747j:image

 

 

 

 

 

盆の餅、病に負けず背負う坊

お盆。

 

実家に帰る…といっても電車で1時間半ほどの距離だから月に一度は帰っているので盆だからという訳でもないが、夫が盆休みだから一緒に我が実家へと帰り、みんなでぼうやの1歳バースデーをお祝いした。

 

とはいえ、

結局たいした準備もしてやらず、

寿司を出前注文して

大人用ショートケーキを買って

スパークリングワインを買って

ビールも冷やして

ゴーヤあるしチャンプル作って…と。

あれ?大人中心のことばかり。

 

ごめん。

 

ぼうやにはお粥とかぼちゃ煮と、豆腐の周りにバナナの薄切りを飾り、1のローソクを立てたものを作ってみた。

 

見向きもせん。

お粥ばかり、んまんま食べて

豆腐もバナナもかぼちゃも食べない。

仕方ないから私が食べる。

 

豆腐にバナナなんて飾らなきゃよかったと後悔した。

 

 

 

そして、そして。

メインイベントです。

 

一升餅を背負ってもらいます。

だけど、なんだかご機嫌ななめ。

 

その理由は…

実はこの2日前、巷で大流行と噂の手足口病にぼうやもやられてしまったのであった。

保育園、行ってないのに。

児童館かな?

 

あれ?あせも?から始まり、

なんか熱いね、微熱あるね。

んん?あせもじゃないな。おまけに熱上がってるし、元気ないね。

 

 7月に鼻風邪をひいた際、私はぼうやを病院へは連れて行かなかった。そのうち治るでしょうと思っていたし、実際治った。

しかしばばはよく思わなかったようで、今回は病院へ連れて行くことになった。

 

診断は、水疱瘡

えぇ!ほんとですか?

「いや、明日もう一度他の病院を受診して下さい」

解熱剤と水疱瘡用軟膏をもらって帰る。

 

その夜、まぁ泣いて泣いて寝ない。

つらい夜であった。

病院に行っても、夜は結局つらいのだな。

 

翌日行く。

お盆真っ只中で激混みの病院。

待合室は診察待ちの親子でごった返しにぎやかだ。水疱瘡の疑いのあるぼうやはそのにぎやかさに混ざることができず、車で待機。

 

1時間半くらい待って頂いた診断、手足口病でした。

薬ないんですってね。

 

薬もないし、お会計して終わりね。

もう普通に待合室でお待ち下さ〜い。

 

そんなこんなで今に至る。

ベソかいて餅背負うぼうや。

わたしもベソかきそうなほど、なんだか疲れたよ。

でもよかった、元気になってこうして餅背負えてさ。

めでたいね。おめでとね、1歳。

 

次の日、完全復活!

昨日より元気にハイハイしまくってるし、なんせ餅を背負った姿をもう一度見たくてまた背負わせた。

また泣いてる。

 

ひーん!かわいい!!

カメみたいに餅のせてベソかきもがく姿に家族みんなメロメロだけど、ぼうやにしてみりゃひどい話よね。

まぁ一生に一度ですから。

もうないからさ。

 

 

 

 

 

 

エアバギーのタイヤと空気入れ

フジロックで使い倒して泥だらけ。

自慢のオフロードタイヤもベージュ色。

 

都内の昭和生まれのアパートでそんな泥だらけを洗うのはなかなか難しい。

みなさん、どうしてますか?

近くの公園に行って洗おうかとも思ったけど、そんなことしてもいいのかな?

 

迷って。もういいや、実家で洗おう。

 

恥ずかしいけど泥だらけのままのタイヤで電車に乗って帰ってきました。

泥だらけだけど、地面との接地面の泥はもう落ちたから周りを汚して迷惑をかけることはないけども、

見た目が…おい、どこの山から降りてきた?

という感じ。

 

苗場の山から降りてきました、すいません^_^

心の中でつぶやいてみる。

 

 

実家へと帰ったものの、なんだかすっきりしない天気が続き、おまけにぼうやが流行りの手足口病にかかりてんてこまい。

タイヤを洗う気を失っていたところ、さぁーっとお日様が顔を見せたとある午後、じいさんがきれいに洗ってくれました。

 

じいさん、車関係の仕事をしております。

仕事だけでなく、趣味でバイクを作ったりしてしまうほど。

 

乗るのもいじるのも好きらしい。

 

そんなじいさんにきれいに洗ってもらってまるで新品だわ!と私は大喜びだったけど、じいさんにしてみると納得いってないようだ。

さすが、プロは違う。

 

そんなじいさんに言われたこと。

空気入れは常に積んでおかないと意味ねぇだろう!と。

 

エアバギーのタイヤは1ヶ月に一度は空気を入れた方がいいみたいですが、家に置いておけばいいのかと思ってたら、じいさん曰くそれじゃ意味がないと。出先でパンクしたらどうすんだ!と。

 

そんなもんかねぇ…

 

それ以来半信半疑ながらも、積んでおくことにした。

積みっぱなしでフジロックへも行った。

 

そしたらば!

友人のレンタルしてきたエアバギーのタイヤの空気が抜けてしまい、うちの空気入れが大活躍!

3つのうち2つは空気を入れて解決したが後輪の1つがどうも抜けてしまう。

 

キャンプサイトのよろず相談所で見てもらうとパンクが発覚。応急処置をしてもらいました。

この時、パンクを調べる時も空気入れは活躍。

おやじが言うことは正しいねぇと改めて思うのであった。

 

f:id:nemunk:20170814225027j:image

 

片付け終わって帰る日、家族3人分の荷物。

後ろのカートのは送りました。

 

 

 

 

 

 

バギーの使い方と心得

三輪のエアバギーと四輪のベビーカーと

うちには2台ある

 

エアバギーは

今日はしっかり歩いて散歩するぞという日

近所の公園のデコボコ道を進んでピクニックする日

そしてバギーを買ってくれたじいさんに会いに実家へ帰る日

九州の夫の実家へ帰る日

その他もしこの先旅へ出ることがあったらその時もバギーを選ぶでしょう

 

四輪のベビーカーはご近所専門

ぼうやとふたりのおさんぽの時

スーパーへのお買い物の時

電車に乗って東京さんぽの時などに使います

 

どちらもそれぞれ都合よく使います

 

 

 

そして今回のフジロックではエアバギーに大変お世話になりました。

3日間ほぼ雨という悪天候の中、私たちの荷物を運び、ぼうやを雨と寒さと光と音からしっかり守ってくれた。

お疲れさまです。

 

初日の金曜の午後にどばーっとバケツをひっくり返したような雨が降って以来片付けの月曜日まで、付属の雨カバーはずっとつけたままとなりました。

まさかこんなことになろうとは。

 

それまで一度もつけたことがなかった雨カバー、出発前に一度取り付け方法を確認し本番へと挑んだ訳ですが、実際使ってみて、まさかこんなにもしっかりと雨から守ってくれるとは驚きました。

 

しかしながら、問題がひとつ。

肝心のぼうやが乗ってくれない。

乗った方が確実に快適なのに、カバーで覆われることを嫌がって乗ってくれない。

 

仕方ないので抱っこして、ポンチョで覆う。

頭まですっぽり覆いたいのにぐいぐい。

ぼうやは頭を出そうとがんばっている。

外がみたい。

仕方ないから夫の雨用帽子を被せてやる。

それでもやはり雨粒が顔にかかってでもぐいぐい。

目をしょぼしょぼさせてがんばってお外を見学している。

 

そんなふうにして歩いたり、音楽に合わせて揺れていたりするうちにすっと寝てくれるのでそっとバギーへと寝かせてやる。

フルフラットにシートを倒してブランケットをかけて、ぴちっとビニールのカバーをしめる。

 

こうしてしまうとあとはもうスヤスヤ夢の中。

夫婦は音楽の夢のような世界を堪能。

 

エアバギーさまさま。

 

ハンドルに2本の折りたたみイスをぶら下げて、下のカゴにおむつセット、ぼうやの食料、3人のお茶、抱っこ紐、虫除け救護セット、雨具など全てが積めるおかげで私たちは手ぶらになれる。

 

 

楽チンなのである。

 

ちなみに新幹線

行きは自由席だったがデッキの荷物棚に折りたたんでしまうことができた。

帰りは1番後ろの席を指定してシートと壁の間に収納することができた。

 

新幹線のホームはどこもエレベーターもあるし移動は問題なく進んだが、越後湯沢駅改札出てからシャトルバスのロータリーへ降りるところだけエレベーターを発見できず、仕方なくぼうやを抱っこしてバギーをエスカレーターで運びました。

 

あったのかな?

 

最後にもひとつ

夜会場内を歩く際、意外と暗いうえ人が多くてぶつかる危険があるのでバギーの先端にライトをつけてアピールした方がいいと思いました。

 

みなが気持ちよく過ごせるように考えないといけないなぁと毎回行く度に勉強になります。

 

 

 

エアバギーを買った日のこと

私の父、ぼうやから見ればじいさんの淡い夢。

 

三輪のベビーカーに乗せて孫と散歩したい。

 

そんな夢を抱いてくれたおかげで

我が家にはエアバギーの

しかもタイヤがオフロード仕様のものがあるんです!

 

私は最初、ベビーカーには興味なく、知人から一台もらっていたし、あとは歩くようになったらコンパクトにたためて持ち運びやすく、お値段も手頃なものを増やせばいいんじゃないかと考えていた。

まさか!エアバギー⁉︎

もったいない!!と思ってました。

 

某大手ネットショッピングで調べたら中古のエアバギーがたくさんあったので、中古でもいいか!と買ってみた。

届いたものを見て、私の両親は驚いたそうだ。

想像以上に劣化が激しかったらしい。

らしい、というのは実家に届いたので私は実物を見ていない。

足りないパーツもあったので両親はすぐに返品を決めた。

 

それで私の方にもスイッチがようやく入り、しっかり調べて買いましょうという事になり、もうすぐ桜が咲きそうなある春の日、代々木のお店に見にいきました。

 

見て、説明を受けて、試乗して、決めました。

これは大事なことでした。

今はネットでも充分調べて口コミなども読めるからわかった気になるけど、お店があって、行ける距離なら実際に触って聞いた方がいい。

だって大切な小さな命を預けるんだから。

そして高いお買い物ですから。

 

やる気なかった頃の私よ、しっかりしなさい。

 

ぼうやの新車。

肌着に始まる服全般、おもちゃ、ふとん、チャイルドシートなど全てもらいもので生きてきたぼうやの、初めての新しいもの。

エアバギー。

 

持って帰りたいから在庫ある茶色でその場で全て組み立ててもらって、早速新車で代々木公園を歩く。

どうなの?乗り心地は。

うれしい?

1番うれしいのはじいさんじゃないか?

三輪のバギーに孫のせて散歩する夢、ここに叶う。

 

先にデメリットをいえば、やはり重くて大きいこと。

電車に乗るには気がひけるし、未だ都内にはエレベーターの無い駅が結構あるのでそんな時にはバギーは無理だ。

バギーだけで10キロ近くあってそこにぼうやが乗ったら20キロ近くなってしまう。

 

しかし、押し心地は素晴らしい。

荷物もどっさり積める。

 

ずっと押しても全然ストレスがないから

買ったその日、両親は原宿から電車に乗って帰ったが私たちはそのまま代々木まで歩き続けた。

それでも疲れない。

 

頂いた四輪のベビーカーだとタイヤが小さくて電車とホームの間が少し不安だったが、バギーはしっかりとしてるのでのせやすい。

ただ三輪だから後輪を浮かせた状態にするとバランスが崩れやすいので注意が必要だ。

 

こんな素敵なバギーを買ってもらっちゃったらさ、もうフジロック行くしかないんじゃないかな。

オフロードタイヤよ?

代々木から乗った電車の中で私は夫に言った。

返ってきた言葉は「アホだな」

 

この数ヶ月、まさか本当にフジロックへ行っちゃうとはこの時は思ってもみなかった。

 

 

赤ちゃん(11ヶ月)とキャンプ

1回休んでまた戻るフジロック

 

音楽の話を少しすると、私はゴリラズってのが1番見たくて、結果グッドタイミングでぼうやが寝てくれたおかげで最初から最後までしっかり楽しめました。

ライブもすごくよくて最高でした。

 

そのことを昨夜思い出して、そーいえばかっこよかったなぁ今更ながらCD欲しいなと思いました。

 

私がライブを楽しませてもらったこの日、ぼうやは自身の最長連続睡眠時間を大きく更新し5時間ほどぐっすり寝てました。

 

テントでもぐっすりよく寝て、朝の目覚めも良くて、ぱちっとおめめをあけた瞬間からにこっと笑ってハイハイし出す。

そんなにすぐしなくてもいいんだけど。

 

日中はぼうやにとって目新しいことばかりだし、父ちゃんも母ちゃんも常に隣にいる。

だからかまとめて昼寝することは少なかったけど、ぐずぐずすることもなく、お乳の回数もメッキリ減ってそのぶんご飯をしっかり食べて、

普段うちで過ごしている時よりもメリハリあるいい毎日を過ごしていました。

 

フジロックに行っても普段の生活でも泣くときは同じ、眠る前だけ。

 

私たちは今回、寝るのはテントだけどお風呂、朝ごはん、休憩などは苗場プリンスホテルを利用するっていう贅沢ができたおかげでストレスなく過ごすことができたと思います。

いくらテントが新品で快適とはいえ、やはり赤ちゃんとキャンプ生活をするのはなかなか大変だと思いました。

 

また今年は雨が降り続く厳しい天候だったこともあり、この雨の中お風呂へ連れて行ったり、テントの中で朝ごはんを食べたり、自分のトイレや洗顔へ交代で行ったりするのは3日も続ければ嫌になります。

ホテルのおかげでこれらのストレスからは解放されました。

 

こどもとフジロックについて調べていたとき、赤ちゃんとキャンプしたよっていう情報が欲しかったが残念ながらそのときはみつけることができなかった。

終わった今、自分で結論を出すとするならば

できないことはない。

が、結構大変だよね。

 

大変だったことはすぐ忘れて残るのは楽しい思い出ばかり。どんなに大変でも後々笑い話になるような大変さだと思うから、赤ちゃんとのキャンプも家族が力を合わせれば大丈夫だと思う。

 

でもうちは、

来年も行くとしたら、また苗場プリンスにお世話になりつつのキャンプがいいけどねと夫と話しています。

 

 

 

みんな1歳だよ

今日でぼうやは1歳になった。

 

ネット上に個人情報をさらけ出すのは良いことじゃないけど、誕生日を暗証番号などに使っているわけでもないしまぁ困ることはないだろうと思ってさらけ出さしてみました。

 

 

感慨深いです。

 

このぼうやとまだ1年しか一緒でないなんて。

もっともっと長い時間を一緒に過ごしてきたかのような気持ち。

いて当たり前。

 

でも1年。

1年前のこの日、おんぎゃあと産まれた。

 

産まれるまで性別は聞いてなかった。

産まれた時のお楽しみ。

でもなんとなく男の子のような気はしていた。

女の子が産まれたらこりゃびっくり!

8/7だし、ハナコかね、だなんて話していた。

 

アイホンに撮りたまっていく写真。

みるみる顔が変化していく。

 

細くてちっぽけでシワシワのお猿みたいな赤ん坊は、たった1ヶ月でほぼ倍くらいの大きさに成長し、日に日にいろんな成長をみせて、ケラケラ笑い出したり、ごろんと寝返ってみたり、どんどん人間らしさが加わっていきあっという間に1歳。

もうこども。

 

立派な一人の人間だ。

 

妊娠からずっと人間の神秘と素晴らしさを目の当たりにして、自分が今生きていることもすごいことなんだなぁと改めて考えさせられた。

 

ぼうやは1歳で、私は母ちゃん1歳。

夫もお父ちゃん1歳だ。

 

最初は自分のこと母親と思えなくて、

ぼうやのこと名前で呼べなくて、

ツンツンしていたけど

今や児童館などに行っても大きな声で一緒に歌を歌えるようになったし、手遊びなんかも楽しく参加、他の赤ちゃんにこんにちはと笑顔で言えるようになりました。

ぼうやのことももう名前で呼んでいる。

私は私のことを母ちゃんと呼んでいる。

夫もお父ちゃんと呼んでいる。

 

一皮むけてわたくしも成長しました。

ありがとう。

 

お誕生日おめでとう🎂

 

産まれたころの君をもう一度抱っこしたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逃すなつぶ貝チャンス

フジロックには食べきれないほどたくさんの食事の屋台が出店する。

人気のあるものだと越後のもち豚。

もち豚の屋台があるのは最大のフードコートオアシス。いつも人がいっぱい溢れている。

前夜祭もこの広場でちょちょんがちょん!と行われる。

今回は常に激混みでもち豚にありつくことはできなかった。

 

オアシスだけでなく、もち豚だけでもなく他にも魅力的なグルメがたくさんつまったフジロック

どれもこれもおいしい。

 

 

キャンプサイトの入口にも屋台は出店していてキャンプ人たちの朝ごはんから〆のいっぱいまで面倒見てくれる。

 

そのキャンプサイトの屋台でつぶ貝を売ってる店があった。他にも牛や豚、鶏の串に揚げ物と充実のメニュー。

そして何より私はここのビールが気に入った。

フジロックに限らず近所の祭り含め屋台で生ビールをかうときにはいつも充分な注意を払う。

透明なカップならいいが、紙コップの場合、注ぎ方にこだわりがない人が注ぐとだいたい泡だらけのスッカスカなビールを渡されてしまうことがよくあって泣きたい気持ちになるからだ。

以前は泣く泣くのんでいたけど最近はしっかり主張するようにした。

主張しなくてもいいようにビールを注ぐ人、ビールの売れ行き具合までもチェックしてから買うようにしている。

 

そしてここのビールはこしひかりと赤いのと2種類あって、透明なカップに美しく注がれ見た目も味もとってもおいしいビールでした!

 

牛、豚、鶏の串と食べたけど夫が気に入ったのはつぶ貝。

前を通るたびにつぶ貝…とつぶやいてしまうほど気に入ってしまった。

 

会場へと続くゲートも混んでいるから仕方ないからつぶ貝でもつまんで休むか。

いいライブを見たし、余韻に浸りつつオアシスで一杯したいけど、すごい人だし戻ってつぶ貝でもつまむか。

今日も1日が終わるし〆の一杯は…つぶ貝かな。

雨つらい、つぶ貝だな。

つぶ貝の前を通る、あ、すいてる。

え、つぶ貝なくてあかにし貝⁈いいよ。

あ、つぶ貝戻ってる、食べるぞ。

やっぱりここでつぶ貝が1番落ち着くな。

うまいよね、つぶ貝。

明日でつぶ貝も食べ納め。

あぁ今日は帰る日、最後につぶ貝?

あ、もうないや。さよならつぶ貝。

 

そんな感じで、夫のこころのオアシス。

1番食べたつぶ貝。

 

 

先日近所の商店街でお祭りがあってふらふらしてたら、あ!つぶ貝!!

でもあの時のつぶ貝ほどおいしそうには見えなかったようで、夫、買わず。

また来年もあるかな、つぶ貝。

 

 

 

快適なテント生活を探して

フジロックは三日間、苗場スキー場で行われる。

その際の宿泊先として、

一番リッチで便利で快適なのはご存知苗場プリンスホテル

しかしこれは大変人気な上、出演者、関係者も多数泊まるから、泊まるには抽選に当たらなければならない。

その他には近隣のお宿に泊まる。

徒歩圏内からシャトルバスで移動する距離のところ、はたまた越後湯沢駅周辺のお宿を利用する方もいるのかな。

 

我が家はキャンプである。

キャンプは何泊したって3千円でいいのでお財布に優しい。

しかしキャンプするのもなかなかつらい。

つらいことが好きってくらいの人でないとつらくてやってられないかもしれない。

 

テントを張ってもいいですよーと許可された場所、通称キャンプサイトは冬は苗場スキー場となる土地に広がっている。

スキー場ということは、斜面なのである。

いかに平らな場所にテントを張るかというのはみんなが望むこと。

平らでないところに張るとどうなるか…傾斜の低い方へたまります。

寝袋ごとずりずりと下がっていって夜中ずっと這い上がらないといけない。

 

平らなことは大事なこと。

 

その他気にかけるべきことは、窪地は避ける。

これは雨が降った場合、斜面を流れてきた雨水が溜まってしまうのだ。

 

あとは静けさと明るさ。

ま、この辺は耳栓アイマスクで防げるし、この明るさとうるささがたまらん!という場合もあるのでなんとも言えない。

 

会場へと続くメインゲートの他、最近はもう一つゲートができてラクになった。

どちらのゲートを使うかにもよるが、今日はメインゲートを使用するという体で話を進めたい。

 

メインゲートから近い女性限定エリアを青山、その他人気のサイトを渋谷、新宿、ここまで山手線といつも勝手に決めている。

ゲートからしばらく歩いた場所、勝手に東京に当てはめたら阿佐ヶ谷あたりにいつも私たちはテントを張っていた。

 

今年は今までとはまるで違うところへ挑んでみました。女性限定サイトの上の、急な坂道をえっちらおっちら登った先にあった楽園。

平らで、静か。

しかも夜はピラミッドガーデンからゆらりと音楽が流れてきて、それを聴きながら眠りにつけるという贅沢もついていた!

ゲートからも、坂を除けば遠くはない。

ただこの坂道がつらい。

 

私はベビーカーに大きなバックパックをのせ背中にはぼうやを背負って、夫はテント・寝袋など一式積み上げたカートをおして、それぞれ坂道を登る。はぁ!つらい!!

びっくりするほどつらかった。

 

前夜祭を含めて四日間を過ごすテントを張る場所は適当には決められない。

しっかり考え、観察して快適なテント生活を送れるようにしたいもんだ。

 

今年もわりと成功でした。

f:id:nemunk:20170806152613j:image