読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

へぇへぇぼんぼんなまいにちのこと

とまらない、捨てたい衝動

新しい家族を迎えるにあたって、部屋の中をせっせと掃除している。

 

ミニマリストではないけれど、私たちの持ち物はかなり少ないほうだと思う。

そのうえ私はものを定期的に捨てたくなってしまう。

季節の変わり目などは無性に捨てたくなってきて押入れの中をひっかきまわす。

捨てる一方で、買うのは苦手。

捨てることにはやっぱり罪悪感がある。

お金をかけて買ったものがごみとなって捨てられていくのは、

その時は必要だと思ったのでしょうが、こんなものあったのかというもの多い。

 

せっせと捨てて、たまに捨てちゃいけないものも捨ててしまう。

実際には捨ててなくて、間違えて捨ててしまったら大変だと思いわざと変なところに

一時保管して、そのまま忘れ必要な時になって見つからず、まさかあの時。。。

と、青ざめたことは二度三度。

そうゆうものがみつかるのはまるで必要ないときだから

捨ててしまったのとあまり変わらない。

一番青ざめたのはパスポートだ。

久々の海外旅行、航空券を手配して数日、ふとパスポートのことを思い出した。

が、探してみたが見つからない。

あるはずのところにない。

冷や汗かいて部屋中ひっくり返して探してもまるで見つからない。

思い出す、春の始まりの時、うかれて始めた押入れの大掃除。

捨てたかもしれません。。。夫に告白。

 

絶対そうでしょう、いつも言ってるじゃないの、とっもっともなこと言ってくる。

やっちまうと思って、非難させておいたはずなんですが、

避難先が、うっかり捨てるボックスだったのでしょうか。へへへ。

笑っている場合じゃない。

出発まで三週間を切っている。

パスポートの申請には戸籍謄本が必要で、それは本籍地でしか手に入らない。

幸い実家は電車で一時間ほどなのですぐ電話をし、申請をお願いする。

私は仕事で、ちょうど夫が休みだったので彼に取りに行ってもらう。

怒っている。

 

新しいパスポートを作成するには警察に紛失届を出す必要があるらしい。

申請書類にはなくした場所を書く欄がある。

自分で捨てたっぽいんですけど、どうしましょう?家の中、ですかね?

困り顔で、それじゃ申請できないんで、まぁ家の近所とでも書いてください。

と、警察の方は言う。

 

夫や、母親や、警察の方、パスポートセンターの方のおかげで無事出発の二日前に

パスポートは完成し、無事旅行へも行くことができた。

 

それ以来、より一層の配慮で整理整頓しているけれど、まぁ定期的になくしている。

 

月日は過ぎて、秋深まる肌寒いころ、家にこもって手芸でも始めてみたくなる季節。

押入れの中から編みかけの巾着をみつけて、久々に作ってみようかしらと手に取ると、

何か、硬い四角いものが。

恐る恐る出してみると、なんとそこには捨てたはずのパスポートが。

あの日あんなに必死で探したのに、まさか、正解はここでしたか!へへへ。

笑えない。