読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

へぇへぇぼんぼんなまいにちのこと

あんまのはなし

時が経つのは早いもので

図書館で借りていた本をもう返さないといけない

それなのにまだ手を付けられていない本もある

でももう読めないから返してしまおう

 

だけどせめてこの一冊はもう少しで終わるから

あと少しだけ読ませてくれと

床に転がるぼうやの横で私もごろんと転がって

本を読んでいたら

あーあー叫びだし、手をバタバタさせて

私のジャージの襟元をつかんで引っ張ってきた

 

なんて荒々しい赤ちゃんなんだ

こわいなぁ

 

ベビーマッサージの本を借りた

その中に書かれていたことによると

バーストラウマというのがあるらしい

出産時の体験が、難産だったりするとトラウマとなって

記憶の奥底に残り続けるということがあるそうな

このトラウマ、大人になっていけばいくほど

癒すのが難しくなってしまうそうです

とくに原因も見当たらないけど、なんか心がゆううつ…

不安があるなぁと思う人は実はバーストラウマが原因だったてなことも

あるような、ないような

 

そこでこのトラウマを癒してくれるのが

ベビーマッサージなんですって

夜泣きの原因は未だはっきり解明されていないようだけど

数ある要因の一つにバーストラウマもあるかもしれないと

その本の中では考えられている

日本では幼児按摩として江戸時代には行われていたそうです

 

毎日お風呂上りに実践している

本を見ただけの知識でどのくらい心に語りかけれるかは

わからないけど

とりあえずおなかをぐるぐるやって腸にはきいてるみたい

毎日快腸

按摩されるぼうやは体をくねくねさせてなんだか楽しそうだし

まぁいいか

 

その本のなかではアフリカのウガンダの赤ちゃんは

身体的にも精神的もとってもすぐれた赤ちゃんだと言っている

よくねむり、ぐずらず、病気になってもものすごい回復力

8か月で歩き始め、一歳になるころに走り始めるらしい

 

そんなに早く成長されてしまうのも少しさみしい

 

とにかく大切なのはスキンシップだってことなのね

よく観察してやって

あんまりお待たせしないようお乳あげたり

おむつを替えてやると

赤さんのほうもクレームをださずに済むという

襟元つかまれずにすむということだ

 

寝たからパチパチ文章打ち始めたのに

もう目覚めてあーあー叫んでいる

早くしないとまた襟元つかまれてしまうので

さっさとおさんぽにでも行って

ご機嫌取り戻さないと