あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

へぇへぇぼんぼんなまいにちのこと

一歳二か月、寒くなる前に夜間卒乳できました 

夜間断乳を決行して10日ほど経ちました

その後いかがなものかと申しますと

見事!すっかり眠る子になりました

 

 

nemunk.hateblo.jp

 

 

オンギャーとこの世に誕生したその日から

平均連続睡眠2時間のショートスリーパ―として腕を磨き続けてきたぼうやも

とうとうまとめて眠る子になってくれました

 

わたくしも、慢性的な睡眠不足から解放されて

この先は膝の痛みや増えた白髪も少しは癒えるでしょうか、、、

 

 

にしても、こんなにも変わるものかと思うほど日々の生活は楽になった

こんなにも変わるものならもっと早く試してみても良かったのでは?

とも思ったりするが、そういうものでもないのでしょう

恐らく、母子ともに断乳を決めるタイミングがぴったりだったのではないかな?

 

「もう、やめようや、、、」

 

この言葉をどちらが言い出すか

お互い探りあっているかのような毎日だったのかもしれない

もうお乳を吸ったって眠れないことくらいぼうやだって気づいていたはずだ

実はお乳よりもおせんべいの方がおいしいってことも知っていたはずだ

 

でも母ちゃんがお乳勧めてくるし、断るのも悪いし

そもそも今までお乳でしかストレス解消する術を知らないからさ

おいらどうすることもできないよ

与えられたら吸い付くしかできないよ

だなんて泣きながら思っていたかもしれない

 

年長者として私の方から「やめよう」と言ってやったという訳だ

 

 

まさか!お乳をのまないという方法があったとは!!

母ちゃんすげーと思っているかもしれない

 

すごいでしょう

大人はすごいのよ

 

そんなわけで、一度も起きずに寝続けるようになったわけではないけれど

起きてもトントンもしくはぎゅうっと抱きしめてやれば

すぐ寝てくれるようになりました

かわいいでしょう?

 

夜間の添い乳というやつはやっかいなもんで

母は体を子の口の位置に合うように伸びて不自然な体勢で授乳することになる

この時あたりまえだが体は布団からはみ出ている

胸元や腹ははだけている

そのまま寝落ちしてしまうと体の痛みと冷えで目が覚める

 

夫がグースカ眠るその横で母として、がんばっているのですよ

あほみたいな顔で寝やがってとかもう感じる余裕もない

どうか、早く寝ておくれという一心でぼうやの横で伸びている私

 

寒くなる前にどうにかしたいなと漠然と考えていたけれど

よかったよ、解決できて

 

夜間は断乳したけれど、昼間はまだ授乳している

朝だいたい6時から7時くらいに目覚めの一吸い

が、だいたいこの後二度寝してしまう

夕方五時ころの不機嫌に一吸い

一歳二か月の今はこの二回になりました

 

Baby

 

 

nemunk.hateblo.jp

nemunk.hateblo.jp

 悩んだ日々も。