あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

へぇへぇぼんぼんなまいにちのこと

病院選び

レディ―スクリニックとか、婦人科などの病院は割とたくさんある。

自慢じゃないが毎月の生理が重いほうだったので

その類の病院にはなかなかお世話になってきた。

 

しかし産むとなると、

産が付くと、対応病院は一気に減ってしまう。

やはり少子化なのでしょうか

産むひと、少ないのでしょうか

 

生理で通っていた時から私自身感じていたこと

きっと婦人科に来る人は

妊婦さんとはあんまり会いたくないなと思う人

意外と多いんではないか

だから別にせざるを得ないのかも

 

産める病院を探して、予約する

まだ半年も先の、ちゃんと生まれてくるかもわからない状態で病院を決めるって

不思議な話だなと思った

なんせ、費用が、かかる

出産一時金は出るとしても、相場50、60万越え

個人病院なんかはベットの数だって制限あるし

予定日にベッドの空きなきゃ予約を断られる

ホテルみたいね

病院によっては早々予約金を払わないといけなかったりする

 

想像つかなくてどこでもいいやとなげやりになった

 

旅行でもなんでも、あらかじめ予約するのが苦手な私

でもこれは旅行じゃない

実感ないけども命にかかわることなんだ

 

結果として

空きがないと断られず、予約金も払わなくていい、

大きな総合病院になった

 

個人病院と総合病院と最終的に迷って、総合に決めてあぁよかったと思っていたら

最近また新しい選択を突き付けられている。

総合病院がこのたび出産専用棟を建設、今年オープンしたのだが、

そっちで産まないかと言われてしまった。

どっちでもいいのですが、残念ながら5万円ほど違う。

新しいほうが高い。

総合棟も立て直したばかりで十分新しい。

どちらもあたらしくきれいで、新しい方は個室でごはんがおいしくて

新しいからいつも静かですいている。

総合棟は大部屋で、病院食で、総合だから大きくていつも賑わって

混んでて、うるさいし、待たされる

でも安い。

安いは大きい。

というのも、一番最初に個人と総合で迷った際も

安く済ませて退院してからみんなでおいしいもの食べに行こうと

相談の上決まったのだ

 

同じことの繰り返しになるから、総合棟でと決めていたが、

先日見学だけでもしてみるかと行ってみたら、これが間違い。

心がグーンともってかれてしまうほど、魅力的。

毎度の検診が3時間近くかかって、いつもへとへとになっていたのが、

こちらの病院誰もいない!

待たされないらしい、それだけで、こちらに来たくなった。

そのほかの違いとして

家族も一緒に泊まれる

お見舞いがいつでも24時間基本自由

車が停めやすい

などのメリットが

五万円分のメリットがちゃんとある。

 

でも、五万、されど五万

迷うのです

五万あったら何ができるかと考えてしまう

 

根本の目的、産む設備はどちらも変わらない

むしろ総合棟のほうがそろっているわけだ

私の経過が良好で、リスクが低そうだから新棟を進められているみたいだけど、

それならまけてくれんかね?と思ってしまう、せこい。

 

あぁ、どうしよう