読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

へぇへぇぼんぼんなまいにちのこと

理想はノープラン。

路線バスで移動する旅の番組を初めて見た。

結局最初から最後まで全部見てしまった。

最後ゴールする時にはよかったねぇだなんてすっかりはまってしまっていた。

しかし、見てたらいろいろ思い出してとても疲れた。

 

ネットに頼りすぎて、わからなければすぐ調べればいいという

脳になってしまった今日この頃。

旅行に出るとすぐよくない方に事が運ぶ。

地図と時刻は大切。

やっぱり旅行である程度移動する場合は、ある程度調べておくことが必要だと思う。

次回、もしそんな旅をする機会が来たら絶対計画を軽く立ててゆこうと決めている。

 

だけど、理想はやっぱり気の向くまま。

のらりくらりと風のように彷徨いたい。

これは夫のほうが常に強く望んでいて、

私はある程度調べるべきというか、わりと調べるのが好きなわけで。

だけど家長が調べたらつまらんと言うなら、、

と私はいつも妻として一歩引いて計画するのをやめていた。

その結果はまぁまぁ、いつも結局楽しく終わっている。

しかし欲を言えばもっと結果は出せたはず、と思ったり、、、

 

路線バスの旅で、渋滞で乗り継ぎ間に合うかとか、

次のバスはすぐ来るのかとか、

行ったばっかり〰とか、次のまで一時間半とか、そういうの!

そういうのの繰り返しって本当に疲れるんだよなぁと

テレビを見つつ同じ気持ちになってしまった。

 

いつか、長野県の諏訪に行ったとき、

最初に諏訪にいて、次に上諏訪に行こうとなった。

距離は電車なら5分ちょっととたいしたことないのに

結局その移動に2時間ほどかかってしまった。

 

下諏訪はとてもいい街であった。

有名なのはやっぱり諏訪大社ですが、周りの街並みもいいの。

民家が、素敵な民家と路地があって、ふらふら散歩にぴったり。

そうしてたどり着く万治の石仏という大変魅力的な石仏を見て、

近くの川で涼んで、満足して、じゃぁバスで上諏訪となり調べると、

まじめに急げば間に合うが、ちょいと気をぬくと間に合わないくらい。

行ってみるかとなるが、最後走ったにもかかわらずあとわずかで間に合わなかった。

まじめさがたりなかった。もういいかというあきらめが敗因であった。

 

f:id:nemunk:20160627121010j:plain

気を取り直して次まで一時間。

ここでまたまじめさの足りない決断をしてしまった。

一時間あるし、腹減ったし、そば食べよう。

駅前のそば屋ならまだしも、わざわざ調べてみつけた歩いて10分ほどの

本格的なそば屋へいってきちんとしたそばを頼んでしまった。

おいしくいただいて店を出ると、おやおやまたしても発車まであとわずか。

喰ったばかりで走りたくないとこのときばかりはさすがにあきらめました。

そうして次の電車まではもうおとなしく駅で待ちました。

 

てな話をテレビを見終えて夫にするも、そんなこともあった気がするなぁと。

よく覚えてるねぇと。

ほほう。

そんな気でいるからいつも計画などしなくても楽しめるんだなと

私はぼんやり遠い目をしている夫を見ながら思いました。

計画せねば!と鼻息荒い私みたいな方がきっと疲れて損をするのでしょう。

しかし、こういったこと経験はまだまだあるのだ。

だから私は次は鼻息荒く二・三歩進んで計画を立てますよと誓うのだった。