あんにゅいじゃなきゃ、、、いや

へぇへぇぼんぼんなまいにちのこと

今日捨てたもの。

実家に戻ってきた。

ここで二か月ほど、暮らす予定。

 

臨月になってしまった。

もうすぐ出てくるのかもしれないけど、まだかもしれない。

めりめりと胎児が下のほうに下がってきているのは感じている。

いつになるのかねぇ。

 

実家を出てからもう10年弱。

月一くらいは帰って寝泊りしていたとはいえ、

帰るたびに少しずつ物が置かれて、いつの間にか物置部屋と化した。

二か月過ごすうえ、乳児も寝泊りする予定。

その後も今までよりは頻繁にお世話になるであろうこの部屋が

さすがにもう少しスッキリ感を出したいなと、半日かけて整理した。

 

過去にも思いついて何度か整頓してきたが、

今回も思い切ってたくさん捨てた。

使っていない部屋には基本的に絶対捨ててはいけないようなもの

(例えば、パスポートとかね)

がないのでじゃんじゃん捨てられる。

 

高校生の頃に取ったたくさんのプリクラや写真。

捨てちゃった。

なんだかはずかしい。

友達にもらった手紙も捨てちゃった。

留学中にもらった母親からの手紙は捨てられなかった。

死んだおばあさんが成人式の日にくれた手紙も捨てられなかった。

久々読んでみたらきゅう~んと胸が痛くなって、

心配かけたなぁなんてあらためて思って泣きたくなった。

おばかさんだよ、二十歳の私。

一通読んだら切なさ爆発、あとはまとめて袋にいれて

引き出しの奥のほうにしまい込んだ。

また10年後くらいに引っ張り出して泣いてやろうかと思って。

 

そのほか高校生の頃の日記や落書帖、キーホルダー、鏡、薄汚れたポーチやカード入れ

ヘアゴム、ちぎれたネックレス、片方のピアス、出ないペン、

たくさんのチラシ、チケット、切符、ポイントカードなんか捨てた。

映画のチラシ、ポストカードは集めてた感があって捨てられなかった。

写真も、ネガも、たくさんあった。

過去に行った外国の町や、瀬戸内海の島。

何気ない日常、坂道、曲がり角、家とか花とか撮ってる写真。

 

そうだ、私、写真撮るの好きだった。

でもそれもほとんど捨てちゃった。

 

部屋はすっかりすっきりして広々。